logo
twitter facebook LINE closeBTN

COORDINATE

01

02

03

BACK NUMBER

PAGETOP

COORDINATE

01

02

03

VOLUME

02

「PURPLE THINGS」デザイナー

菊乃

東京生まれ。19歳の時サンフランシスコへ留学し、さらにロンドンのアートスクールを経て帰国。デザインオフィスで働きながら、『ナイロンジャパン』のオフィシャルブロガーとして活躍する傍ら、2015年には自身のブランド「PURPLE THINGS」を立ち上げる。現在、ウェブサイト『GLITTY』でコラムも連載中。

http://www.purple-things.com/

TOP

VOLUME

02

「PURPLE THINGS」
デザイナー

菊乃

PROFILE

東京生まれ。19歳の時サンフランシスコへ留学し、さらにロンドンのアートスクールを経て帰国。デザインオフィスで働きながら、『ナイロンジャパン』のオフィシャルブロガーとして活躍する傍ら、2015年には自身のブランド「PURPLE THINGS」を立ち上げる。現在、ウェブサイト『GLITTY』でコラムも連載中。

http://www.purple-things.com/

CLOSE

“自然体”。デザイナー、菊乃さんを表現するならきっとこんな言葉が最適。「レディース服は苦手」と笑い、「身につけるアイテムのほとんどがTシャツ、パーカ、トレーナー」と気さくに話す姿に思わず惹きつけられる。自身を端的に表すように、手がけるブランド「PURPLE THINGS」では男性が着てカッコイイと思う洋服をデザイン。そのアイデンティティは今回の3ルックにも散りばめられている。スポーティなスウェットやボーイズライクなアウター、シックなカラーチョイスなどなど。男の子気質とリラックス感、「たくさんの刺激をもらった」というロンドンでの経験、そしてSORELの一足。それらをミックスした彼女ならではのコーディネートを拝見。

photo / Hideyuki Seta text / Ryo Kikuchi

COORDINATE

01

自分の感性に正直に。

だからこそ楽しめる

ファッションの自由

撮影協力:KEISUKE MATSUSHIMA

コーディネートの

ポイントは?

モードなボトムの緊張はGジャンで程よくいなして

「昔からレディース服はほとんど着てこなかったんです」という彼女が選んだアウターは、メンズのカルバンクラインのGジャン。永遠の定番であるデニムだけれど、ゆったりとしたサイズのため、ショルダーが自然と落ちどこかモダンな印象に見える。インナーにTシャツを添え、ボトムはモードな表情が印象的な柔らかい生地のワイドパンツを選択。トップのカジュアルな合わせが、洗練されたボトムのいいハズし役に。

ボトムとシューズの

組み合わせについて?

異なるテイストのアイテムを瞬時にまとめる黒の魔法

「英国は、トラッドも含め様々なカルチャーが混在してますよね。だからか、ロンドンの若者はミックススタイルが上手。古着からモードなアイテムまでバッチリ合わせるんです」。ロンドンのアートスクールへ通っていた頃に多くの刺激をもらったという菊乃さん。その一端は今回のルックにも。テロっとしたエレガントなボトムに、オーセンティックなサイドゴアブーツ。真逆な印象の両者を、黒でシンクロさせ難なくワンスタイルへ。

サイドゴアのタイプを

チョイスしたのはなぜ?

男らしいルックスと履きやすさにロンドンでの思い出もよみがえる!?

サイドゴアのブーツは今もずっと履いているという彼女。そのため、「ベーシックなデザインですし、ヒールも付いていて新しいですよね」とこちらを選んだ。そのきっかけもまたイギリス。「ロンドンの男友達が履いていたんですけど、シューレースもないしめっちゃ履きやすそうだなって(笑)。意外にシーズン問わず合わせられるので、当時は360日履いていました。「もう壊れるまで」と、その偏愛っぷりまで教えてくれた。

Lea Wedge

シャープなフォルムでスタイリッシュな印象の防水ショートブーツ

COORDINATE

02

洋服をデザインする時も

コーデも、心掛けるのは

シンプルイズベスト

普段のコーディネートで

気にしているところは?

トレンドよりもオシャレさよりもまずは着たいと思えるかどうか

「特にトレンドを意識することはなく、ただ着たいものを着ているだけ。なので、オシャレという言葉は私には不釣り合いですし恥ずかしくなっちゃいますね」と彼女。スウェットとスキニーデニムのみでまとめたコーデを見ればその言葉に思わず納得。しかも、着るアイテムのほとんどは黒と白がほとんどで、多彩なカラーを取り入れることはしないんだとか。そのため、ハードなブーツのイメージに合わせ全身をストイックにオール黒で統一。

トップスの

アイテム選びについて?

ワントーンスタイルに光る背後の大胆なデザイン

「秋冬はスウェットやパーカばかり。だからこのコーデは普段着に一番近いんです」という2ポーズめ。メインのスウェットは、ボーイズオブサマー×ブレックファストクラブのもの。「主張の強いデザインは苦手」と語るように、大胆かつキャッチーなプリントはフロントではなくバックに施してある。これもまた、「幼稚園の頃から変わらない」というこだわり。タイトなボトムにゆとりのあるトップスのシルエットギャップも楽しい。

このモデルを

選んだ理由は?

強そうなルックスと履きやすさ自身のスタンスにニアな一足

「どちらかといったら私はメンズ気質なので、めったにヒールも履かないんです」と選んだのは、3本のストラップをあしらったスタイリッシュなハーフブーツ。さらに理由を尋ねたら、「これ、なんだか強そうじゃないですか(笑)」とユニークなアンサーが。しかも、「8ホールブーツは持ってはいましたけどシューレースを締めるのがもどかしくて。基本、面倒くさがりなんです」と、内側のファスナーもどうやら決め手になったよう。

After Hours Bootie

インパクトのある3本ベルトがアクセントになったブーティー

COORDINATE

03

自分のスタイルを持つ

それが"かっこいい"を

生む大きなポイント

こちらのブーティに合わせた

アイテムについて?

ラクに着られるアイテムが私にはとっても嬉しい

誕生日プレゼントとして贈ってもらったレザージャケット。「一見ハードなセカンドタイプに見えますよね。でもこれ、すごく柔らかくて着やすいんです」というお気に入りの品。ボトムは、「フェスへ行った際にも活躍してくれた」という、スリット入りのフロントデザインがユニークなステューシーのスウェットパンツ。どちらもリラックスして着ることができる、自分らしさを表現したアイテムたち。

自身のワードローブに

欠かせないアイテムは?

オールシーズン欠かせない。だからこそこだわるTシャツ

「おそらく今持っているアイテムではもっとも種類がある」というTシャツ。選ぶポイントは「なるべく肉厚な生地感でアームは長めのもの。それ以外はほぼ着ません」というから、その愛着は相当のもの。「これまでずっと白Tばっかりでしたが、最近はそれ以外の色も着るようになりました」と選んだこちらは、フロントにワンポイントのプリントのみをあしらったシンプルな一枚。黒を基調としたモノトーンコーデのいい挿し色に。

この一足をチョイスした

ポイントは何?

ボーイッシュなスタイルに程よいフェミニンさを届ける

普段着ているトップスやボトムスは、昔からメンズライクなものばかり。だから、「全体のテイストに合わせる時もあれば、適度にフェミニンさを取り入れることもあります」とバランスを考えて選んでいるのがシューズだ。こちらは後者の目線で選んだブーティ。「トゥがシャープでフォルムがすごくきれい」と、レザージャケット中心のボーイズライクなコーディネートに、優しいニュアンスをプラスしていつもとは違う雰囲気へ。

After Hours Chelsea

洗練されたスリムなシルエットでファッション性の高いショートブーツ

BACK NUMBER

TOP