logo
twitter facebook LINE closeBTN

VOLUME

26

HIGH(er)編集長

haru.

インディペンデントマガジンHIGH(er)編集長。ティーン時代を6年間ドイツで過ごし、大学入学を機に帰国。世界の小さいことから大きいことまで、日常のあらゆることを話し合っていける場をつくりたいという想いから2015年ハイアーを創刊。彼女たちが自由に感じるテーマを掲げ、クリエイターや読者が刺激しあう場所となっている。本誌では写真、アートディレクションも担当する。

https://www.instagram.com/hahaharu777/

Top

VOLUME

26

HIGH(er)編集長

haru.

PROFILE

インディペンデントマガジンHIGH(er)編集長。ティーン時代を6年間ドイツで過ごし、大学入学を機に帰国。世界の小さいことから大きいことまで、日常のあらゆることを話し合っていける場をつくりたいという想いから2015年ハイアーを創刊。彼女たちが自由に感じるテーマを掲げ、クリエイターや読者が刺激しあう場所となっている。本誌では写真、アートディレクションも担当する。

https://www.instagram.com/hahaharu777/

CLOSE

おハルとおみゆの往復書簡

最近は、吐く息が白く浮かび上がるくらいに寒くなってきた。会いたい人たちはみんな今年最後のふんばりだ!といつも以上にパワフルに活動していて、そんな姿を見ているとなかなか素直に「会いたい」と伝えられないんだ。

モデルと文:
haru.
写真:
小林真梨子

今日は久々に顔を合わせるあの子のもとへ走っていけるスタイルで。普段あんまり履かないミニスカート。足元はぽかぽかだからいいよね。

誰もみていないところでスキップしたり、鼻歌を歌ったりするときの高揚感ってなんなんだろう。

「久しぶり!」のハグをする瞬間、わたしの心はとびきりあったかい。

Message

Product

40年以上変わらぬデザインを誇るソレルの代名詞「カリブー」

ウィンターブーツの名作として世界に君臨する、オーセンティックな魅力がいっぱいのモデル。インナーブーツに内蔵されたアルミフィルムによる高い耐寒性が、極寒の地でも足を守ります。強固な作りは、厳しい環境をものともしない安心感が。一度履けば手放せなくなるはず。

カリブー

厳しい環境に完璧に耐える、タイムレスな魅力を誇るSORELのアイデンティティアイテム

BACK NUMBER

Top