SOREL|『colette』×『SOREL』コラボレーションスニーカーをatmosで限定発売

カナダ・オンタリオ州で誕生し、いまなお世界中で愛用されウィンターブーツの代名詞とも言える"SOREL"が、本格的なスニーカーをリリースします。フランス・パリのセレクトショップ『collet(コレット)』協力のもと、タウンユース向けに洗練されたモデルを製作。ベーシックなスタイルをベースにしながらもウィンターブーツのディテールをしっかりと踏襲した、"らしい"デザインは新鋭シューズならではの爽やかな印象を与えてくれます。 日本国内ではatmos限定販売となります。

  • BERLIN MID 価格:11,550円(税込)
  • BERLIN LOW 価格:10,500円(税込)
  • BERLIN CHUKKA (BRITISH TAN) 価格:11,550円(税込)
  • BERLIN LOW (STONE/PIERRE) 価格:10,500円(税込)
  • BERLIN CHUKKA (BLACK/NOIR) 価格:11,550円(税込)
  • BERLIN LOW (BLACK/NOIR) 価格:10,500円(税込)

2013年3月15日(金)Web先行予約開始/2013年3月30日(土)発売

atmos アトモス

atmosは「atmosphere(大気)」から由来。コンセプト:スニーカーから派生するウエア作りをメインテーマに、ヘッドギアからパンツまでスニーカーからインスパイアされたトータルコーディネートを提案しています。
2000年に原宿にヘッドショップをオープンし、ファッションとしてのスニーカーをテーマに、店内にはギャラリーをイメージした55個の枠を用意。ナショナルブランドとatmosとの別注モデルをはじめ、国内流通店舗限定モデルや最新モデルを常にディスプレーし、東京のスニーカーシーンを世界に向けて発信しています。

SOREL

1908年、カナダのオンタリオ州、ウィリアム・H・カウフマン社より誕生した"SOREL"。当時のカナダでは、「耐久性と快適性の両立」をキーワードにしたウインターブーツの開発は、まだ進んでおらず、極寒地で暮らす人々に"SOREL"のリリースは大きな衝撃を与えました。

そして1960年初期、"SOREL"は世界に先駆けて、レザーアッパーにラバーボトム、着脱可能なフェルトライニングという革新的なコンビネーションのウインターブーツをリリースしました。
それは「どんな極寒地であっても暖かく、ドライで快適なウインターブーツを具現化したい」という強い思いが、形になった瞬間でもありました。
このコンストラクションは、40年以上経った現在でも、ウインターブーツのスタンダードの原型として広く世界で受け継がれています。

現在では、ウインターユースに信頼性の高いクラシックモデルやスノートラベルに対応するライトウエイトなモデル、スノーシューイングなどのスノーアクティビティに対応するハイスペックなモデルなど、"SOREL"はあらゆる寒冷な状況において足元を暖かく快適なコンディションに演出します。

こんな記事も読まれています

LOOKBOOK│SOREL 2019 Spring

特集・キャンペーン

LOOKBOOK│SOREL 2019 Spring

投稿日:2019.04.03

NEW ARRIVALS SPRING 2019

特集・キャンペーン

NEW ARRIVALS SPRING 2019

投稿日:2019.03.01