SORELが毎年ブースを出店している『豪雪JAM 2016』が今年も開催されました!

日程:
2016.2.21
投稿日:
2016.03.08

『豪雪JAM 2016』は『十日町雪まつり』の最終日翌日に新潟県十日町市城ヶ丘ピュアランドで行なわれる、全国でも珍しい「雪上の野外音楽フェス」。08年にスタートすると、彫刻のように綺麗な雪のステージを舞台にしたコンセプトや充実のラインナップが話題に。14年には都心からの交通網が途絶えてしまい開催中止になるも翌年復活し、この16年もDachamboを筆頭に魅力的なアーティストが集いました。

当日朝はあいにくの雨。しかし、午後からは一時晴れ間も見えつつ、雪に変わるなど、山ならではの移ろいやすい天気でした。ところが、ライブブースではそんな気候を吹き飛ばすかのようなアーティストの熱演が続々。「ダイヴやモッシュは禁止。ただし、寒さをしのぐおしくら饅頭は問題なし」というこのフェスティバルならではの、会場一体となったピースフルな盛り上がりが印象的でした。

入り口を抜けると、ライブスペース手前に位置する入場無料エリアには個性豊かな店舗が出店され、地元の方々も多く来場し賑わっていました。その中心にあるのが、SOREL(ソレル)の出店ブースです。

SORELブースでは『SOREL Maintenance Room』を開設し、「ラバーが白くならない方法」や「ブーツケア」、「正しい収納方法」などをスタッフがアドバイス。その他、アイテムの展示に加え、ブーツを的に見立てた輪投げゲームも開催!これは『SOREL』Facebookページに「いいね!」をすることで参加可能で、ロープ状の輪を4つ投げて、入った数によって様々な景品をもらえるという豪華企画。4つ全て入ると、なんとSORELのブーツをプレゼント!!

雪上のフェスとあって、フットウェアの機能性&ファッション性は重要なポイント。この日会場でも、多くの方々がSORELのブーツを履いてくださっていました。地元の方からは「普段から履いてます!」という嬉しい言葉も。そこで今回は、SORELのブーツを履いていたお客さんをスナップしました! 

  • みわこ 上越市
    「SOREL最強!ありがとうー!」

  • あこ/あい 群馬県
    「毎年豪雪JAM来てます!雪の日はSOREL履いてます。今年はたまたまお揃いでびっくり!」

  • マチケンサンバ/のんちゃん 三条市
    「今日のために買いました!バイブスぶち上げ!」

  • ゆき/りえ 新潟市
    「あったかいです!豪雪は今年で3年目です!」

  • kozuwo0705/masato 十日町市
    「家族で来ました。SOREL履き心地いい!」

  • ヒッツマン 十日町
    「寒さ対策にはもってこい!」

  • タダ 新潟県
    「奥さんの借りました」

  • ユウタ 新潟県
    「クマがかわいい」

  • かこ 新潟県
    「あったかい!!」

  • コマネツ 福島県
    「普段は細身なパンツに合わせてます」

  • みほ 新潟県
    「豪雪JAM来る時は毎年履いてます!」

  • みほ 新潟県
    「あったかい!今年初めてSORELデビュー!」

  • あやっぺ/りょぺ 埼玉県
    「豪雪JAM用に今年買いました!」

  • OMAKE/えり 地元
    「防寒!普段から履いてます」

  • みさ 小千谷市
    「豪雪JAM仕様にまとめました!」

  • よーこ 新潟県
    「インパクトがあるカラーを選びました!」

  • えりこ 六日町市
    「もんぺと合わせたのがポイント」

  • ムネ/さあや 長野県
    モノトーンで統一!「細身のパンツといつも合わせてます」

スナップにご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!また、当日は『#SORELSTYLE』というハッシュダグをつけてSNS 投稿もしていただいたので、 そちらもぜひチェックしてください!

こんな記事も読まれています